天栄・湯本 でどやま物語

これは都会しか知らない若者(だった)著者が、研究で訪れた山村での暮らしに感化されて、地域活性化に取り組み右往左往する物語です・・・

Author:星 昇(ほししょう) 旧姓富田。

博物館学芸員、フリーカメラマンを経て
2009年に大学の研究員として福島県天栄村湯本に移住。
震災直後の2011年5月には地元の女性と結婚し、
「星昇」というベタなアイドルのような名前になる。
現在切り花用リンドウ農家をするかたわら、
地元密着型の写真館や地域活性化のNPOの運営に携わっています。

専門は植物分類学。里山の歴史と資源利用。ネコノメソウ命。

それでは、はじまりはじまり・・・

教室・寺子屋

湯本幼稚園の防火パレード

11月14日、湯本保育所時代から恒例の、
湯本幼稚園幼年消防クラブによる防火パレードが
湯本集落内で行なわれました。

YPS_2244

在籍児童2名ですが、二人とも大きな声でがんばっていました。
動画もどうぞ。



超少人数教育、個別指導、世代間交流。

YPS_2261

待機児童ゼロ、田園回帰、田舎暮らし、移住定住。

湯本は時代の最先端を行っていると思います。

つづく。

湯本文化祭

まだ11月の記事が続きます。
どんだけサボっていたのかという。

今年も湯本文化祭は盛大に開催されました。
湯本地区合同運動祭とこの湯本文化祭は、
湯本地区の世代間交流を象徴する温かい催しです。

わが子ものびのびと演技していました。

YPS_2084

いまになってヒーロー戦隊モノにハマってます。

YPS_2096

なぜかルパンレンジャーとドラえもんが芋ほりをするという劇。

YPS_2101

わたしはというと、撮影とピザ体験とバンド出演でてんやわんや。

YPS_2188

去年からじゃまな木切っ会で始めたピザ体験。
今年はよりスムーズにやれるよう、万全の体制です。

YPS_2181

ブルーベリー農家上野さん提供のブルーベリーチーズピザも美味。

YPS_2190

薪で熱した窯では、あっという間に焼きあがります。

YPS_2199

こんな感じで体験してもらったのですが、
出し物が押した関係で昼休みが短くなり、
みなさん昼食を食べるのに精いっぱいで、
ピザ体験をする時間がなかったようで…

YPS_2193

食材がかなり残ったので各自持ち帰りました…
来年に期待。

バンド五ツ星は今年も出演しました。

IMG_9405

陽介君、風邪でのどの調子が悪いはずなのに熱唱。

IMG_9417

わたしは細川たかしをドラム弾き語りで熱唱。

IMG_9440

五ツ星はゲストミュージシャンを毎回呼んでいますが、
今回は村のアシスタント・イングリッシュ・ティーチャーの
2人を招いて、ABBAのダンシング・クイーンを
歌ってもらいました。

IMG_9482

予定が合わずバンドとは一度も合わせられなかったのに、
ぶっつけ本番でなかなかの完成度でした。

IMG_9489

ゲストはもう一組。
わたしも一緒にやっている「湯本塾」メンバーが、
福島県内で活動する歌手AVE(エイヴ)の「福の歌」を
湯本版の替え歌で披露。



ドラムとギターには小学校の先生2名も加わっていただき、
わたしはベースを初披露。

IMG_9499

今年も温かく盛り上がった文化祭なのでした。

湯本文化祭は地域の人たちの工芸作品や農作物の展示があったりしますが、
やはりメインは幼稚園、小学校、中学校の発表です。

実は「バスで通えるなら地域に学校はなくてもよいのでは」
という意見が湯本の中にもあるのですが、
学校がなくなるということは、芋づる式に
こういう行事もすたれていくのだと思うのです。

やはりいいものはいいと、発信し続けていきたいと思います。

つづく

今シーズン最後のスノーシュー

3月29日、今シーズン最後のスノーシュー体験でした。
岩瀬郡の3市町村でやっているツアーイベントの一つで、
わたしが案内人を務めました。
 
YPS_5713.jpg
 
本当は2月16日、あの大雪のときにやる予定だったのですが、
東京から来るバスは動かないわ、湯本は通行止めになるわで
中止となり、この時期になりました。
 
3月も終わり近くということで雪が残っているかどうか心配でしたが、
まだ30センチほどもあります。
 
時間の都合上、実際に歩いたのは30分くらいでしたが、
みなさん初めての経験で満足していただけたようです。
 
わたしとしても、春先は最近あまり山歩きをしていませんでした。
大学院の時には研究材料のネコノメソウの開花時期ということもあり、
全国の山を走り回っていた時期でしたが、
沢沿いの地面ばかり見ていたので、あまり木々のようすは知らないものだなと。
 
たとえばこちら。
 
YPS_5688.jpg
 
ツタウルシの実にこんな模様があるなんて知りませんでした。
 
それから、カラマツによくよじ登っているつる植物に
ツルアジサイとイワガラミがありますが、
この時期なるとツルアジサイはほとんど花が落ちていて、
残っているのはイワガラミばかりです。
 
YPS_5694.jpg
 
まだまだ知らないことはたくさんあるなと。
こういう恵まれた土地で暮らせることが幸せだと思いますね。
 
ところで話は変わりますが、
スノーシュー体験というのは、案内人が肝なんじゃないでしょうか。
 
スノーシューを履いて山を歩くという体験は、
まあもの珍しいので楽しいことなのでしょうけど、
歩くだけだと10分ほどで飽きてきます。
 
そこで大事なのが、そこにある植物の解説とか、
動物のフィールドサインを紹介したりとか、
そういう自然全般の知識だったり、
おもしろく伝える話術だったりするみたいなんです。
 
その点、わたしは自分で歩いていて楽しいことを
みなさんにお話ししているだけなのですが、
それがけっこうウケるようなのですね。
 
こういうスキルはなかなか一朝一夕に身につくものではないので、
実はわたしの強みなのかなあ、と、今年になって思うようになりました。
 
なんか自画自賛してるみたいですけどそうではなくて、
それは裏を返せば、代役がなかなかいないことが問題なんですよ。
人材育成に時間がかかることですからね。
 
若干悩んでおります。
 
つづく

湯本小学校と郡山市立安子島小学校の森林学習

今年も森林学習の講師を務めております。
 
この春のテーマは、草木の標本づくり。
 
昆虫標本は作ったことがあるという人も多いかもしれませんが、
植物標本というのはなかなかないのではないでしょうか。
 
かくいうわたしも、大学に入るまで作ったことがありませんでした。
そして大学院では義務感で作って食傷気味になりました。
 
はたして子どもたちは楽しんでくれるのか?
 
そんな心配は杞憂でした。
 
DSCF2349.jpg
 
すごい集中力です。
 
DSCF2351.jpg
 
きちんとラベルも書いてもらい、
このあと乾燥して小学校にお届けします。
 
DSCF2267.jpg
 
自由時間には近くにあるカツラの巨木を見てもらいました。
 
標本作り、好評でした。
 
つづく

またまたキズナプロジェクト

続いております。キズナプロジェクトの受け入れ。
 
11月22日は、前回、前々回も来てくれたASEANのみなさん。
今日は藁を使って縄もじりを体験してもらいます。
 
kizuna1_20121124194049.jpg
 
師匠の教え方がうまいのか、はたまた
米どころ同士でスジがいいのか、
みんなすぐにコツをつかんでいました。
 
kiznua2.jpg
 
最後に記念撮影。
読み上げてくれた感謝状は、とても感動的でした。
 
kizuna3_20121124194050.jpg
 
東北の復興を心から祈ってくれている気持ちが伝わりました。
われわれもがんばらねば。
 
つづく
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 家族でいろいろ文化体験
  • 家族でいろいろ文化体験
  • 家族でいろいろ文化体験
  • 家族でいろいろ文化体験
  • 家族でいろいろ文化体験
  • 家族でいろいろ文化体験
でど物 on Twitter
月別アーカイブ
でどやま内検索
  • ライブドアブログ