きもち金持ちのむらから ~天栄・湯本 でどやま物語~

「きもち金持ち」とは、薪がたくさんあると寒い冬も心豊かに暮らせるという意味。自給自足、相互扶助が残る農山村の「豊かさ」を表しています。

Author:星 昇(ほししょう) 旧姓富田。

福島県の山の中で里山再生、地域活性化、子育てしてるアラフォー。職業は写真館、警備員、郵便配達員、水道検針員、自然観察指導、農業、講演など。専門は植物分類学、里山史。天栄村文化財保護審議委員。日本EIMY研究所主任研究員。
現在、天栄村湯本を拠点に自然環境調査や獣害対策アドバイザー、環境教育プログラムの提供などを行う「湯本森・里研究所(ゆもりけん)」の設立準備中。

宮城県川崎町「百(MoMo)」の取り組み

この冬は警備が一人体制のうえに郵便配達を始めて、
休日という日がほとんどなく、
精神的なゆとりがなくなっていました。

そんななか、東北大の恩師に相談をするために連絡を取ったら、
「いま川崎町で若者が新しいプロジェクトをやっているから、
そこで刺激をもらってくるといい」と言われました。

恩師のところでいろいろお話をした後に、
川崎町へ。

YPS_5452

川崎町では以前から「川崎町の資源を生かす会」が活動しており、
わたしも交流がありました。

そこへ地域おこし協力隊と東北大学の研究者が来て、
「食料とエネルギーの自給が可能なコミュニティの形成」を目指す、
「百」という組織を立ち上げました。

この日川崎へ着いたのがちょうど夕飯時で、
いきなり夕食に混ぜてもらったのですが、
彼らの勢いと熱意に圧倒されました。

みな海外での滞在経験も豊富で国際感覚もあり、
話すことはとてもロジカルです。

そんな彼らが東北の山村で、自給コミュニティ形成に着手する。
わたしはなんだか新しい時代が始まる現場に、
たまたま居合わせた凡人、といった感覚になりました。

YPS_5437

そこでわたしが研究していた里山の歴史について少し話したのですが、
これにかなり関心を寄せてもらい、
また植物の知識なども彼らが必要だということで、
今後もちょくちょくお邪魔して、
プロジェクトに関わっていく約束をしました。

YPS_5439

川崎町は、湯本に似ている部分が多いんですね。
温泉があるし、雪が多いし(今年は雪不足でしたが)、
別荘地もあるし、都市からの距離も似たようなものです。

YPS_5441

とにかく彼らの勢いと熱意がすごいです。
すでに町内の山林を買取り、
そこの木を使って
ゲストハウスを建設する準備を始めています。

「失敗するはずがない」と断言していました。

気持ちがふさぎがちな昨今でしたが、
ここで受けた刺激はかなりのもので、
心が揺さぶられましたね。

YPS_5451

元気をもらいに、
これからもお邪魔したいと思います。

つづく

湯本塾と大学生のコラボ

わたしも参加している「湯本塾」が、
新たな展開を模索しています。

2月には福島大学や、首都圏の学生の集まりNPO法人きたまると
共同でイベントを開催しました。

旧羽鳥小のライトアップのようす。

YPS_5347

一日目はわたしは郵便配達をやっていてあまり参加できませんでしたが、
二日目はスノーシュー散策の案内。

YPS_5350

後半は「肥やし袋」を使ったそり滑り体験。

YPS_5368

息子も「やりたい!」と言い出し…
不安だ。

YPS_5357

わー、滑った。

YPS_5398


事故?

YPS_5410

無事でした。

お気に入りの大学生のお姉さんと手を繋ぎ。

YPS_5430

今後は学生さんに主体的にかかわってもらい、
地域を人材育成や学びの場、それこそ「塾」のようにして
盛り上げていけないかと、みなで議論しています。

つづく

学校スキー大会と幼稚園親子のふれあい

雪国ならではの暮らしぶり。

小中学校ではスキー大会があります。

中学生が選手宣誓。

YPS_3864

みんな上手です。

YPS_5033

ここでも湯本小中学校がいつも優勢。

YPS_5205

幼稚園でもスキー場で「親子のふれあい」。

DSCN0754

雪国の冬を満喫しています。

つづく

ニコンのド派手ストラップ続報

以前ご紹介したニコンが90年代に作っていたド派手ストラップ。

ついに全部集まってしまいました。


cce36836

それがこちら。

YPS_3562

左から、
ファンタジーレッド
ファンタジーブルー
オーロラカラー
ピーコックパープル
ピーコックピンク
ピーコックブルー
です。

カラーチャートのようだ…

YPS_3565

ネットで調べても、これをコンプリートした人って
たぶんいないです。

だからなんだ。
ストラップあっても付けるカメラないし。

つづく

冬の年中行事

冬の年中行事といえば、湯本では
さいの神やお日待ち講、初午などが残っています。

今年はうちがお日待ち講の当番、「当元」だったので、
会場準備などをやりました。

DSCN0741

以前は当元の自宅でやったそうで、
ふるまい料理なども作ったりと大変だったそうですが、
現在は集会所で、折り詰めで、かなり簡略化されています。

DSCN0742

お供えの内容と置き方も、次回のために写真で残しました。

DSCN0744

神主様を呼んで、祝詞を上げてもらったります。

DSCN0745

初午(はつうま)は、各家々でやる行事。
氏神様に錦の旗を飾って、子どもの成長を祈ります。

DSCN0748

春はまだか…

つづく

滑れないスキーを教えるぜ

26歳で始めたスキー。
まさか雪国で子育てするとは想像もしていませんでした。

雪国では小学校から学校でスキーの授業があります。
春から小学校に通う息子にスキーを教えねば…

ということで、村内に2つあるスキー場に、
できる限り親子で出かけて、練習しました。

DSCN0729

今シーズンは雪が少なくて、スキー場は大変だったと思います。
息子はレストランでの食事が楽しみだったりするのですが。

DSCN0731

まあなんとかボーゲンで直滑降はできるようになりました。

keiski

子どもは覚えるのが早いものだ。

つづく

正月は川越とか

4月に正月の話題ですみません。

今年もしめ縄は手作りです。
年一回だからいつまでたっても上達しません。

YPS_3458

正月料理。
湯本ではおせちとは言わないし、
重箱にも入れません。

YPS_3461

おせち料理の歴史も調べましたが、
大して歴史のあるものではないみたいですね。
湯本の正月料理のほうがよほど歴史がありそうです。

正月は警備の休みをもらい、埼玉の実家へ帰省しました。
実家へ行く前に、川越観光。

氷川神社は初詣の行列が長すぎてあきらめました。

YPS_3464

川越に来たのは十数年ぶりです。

YPS_3470

古い建物や路地も残っていますが、
個人所有の民家はやはり維持が大変そうです。

YPS_3472

狭山?

YPS_3474

氷川神社で敗北したので、初詣は熊野神社にしました。

YPS_3475

八咫烏?

YPS_3476

螢は輪投げで学業運をゲット。

YPS_3521

夕方になったので実家へ向かいました。

YPS_3529

川越が人気だというのはなんとなく聞いていましたが、
かなりあか抜けた観光地になっていました。

表通りは人であふれ、どこかで見たような街並みになっていますが、
一歩裏を歩くと、古い民家などが残っていて、
個人的には裏通りの散策が楽しかったです。

つづく

年末旅行はいわきへ

まだまだ昨年の話題です。

毎年年末になるべく家族旅行に行くことにしているのですが、
昨年末はいわきへ行ってきました。

いわきへ決めた理由は、民話が好きな螢が
「いわきの「おな石ばあさん」見に行きたい!」
と言ったためです。

「おな石ばあさん物語」とは、漁に出た子どもを待ち続けた老婆が
石に変わったという物語です。

その石を見に行くだけではもったいないので、
いろいろ立ち寄ってきました。

最初に行ったのは、田人(たびと)にある「MOMO cafe」。
猫がいるおしゃれなカフェだそうです。

YPS_3257

着きましたが、これはやっているのか…?
ひと気のないカフェは廃屋のようにも見えるし…
でも猫はいる。

YPS_3275

着いたのが早すぎたらしく、
しばらく待っていたらオーナーが出てきました。
人がいると、廃屋と思っていた建物が
急におしゃれに見えてくるから不思議なもので…

YPS_3287

店内もシンプルでおしゃれです。

YPS_3290


YPS_3291

建物自体は本当にボロくて(失礼)質素なのですが、
置いてあるものや本のチョイスにセンスを感じます。

YPS_3292

妻と「これ、湯本でもやればできるよね」と話しました。
古い建物はあるし、立地も山の中だし。

YPS_3293

結局は経営者のセンスしだいなんですね。
センスのある人は、場所を選ばずお客を呼べる店ができる。
自分にそういうセンスがあれば…

YPS_3295

昼食を食べ終わるころには、店内はお客でいっぱいになっていました。

YPS_3301

次に行ったのは勿来の関。

勿来に関所があったことは知っていましたが、
その時代とかいわれは予備知識なく行きました。

資料館もあったので見聞きしたら、
かなり古い時代に廃止された関所で、
都から遠く離れた地で、当時の貴族たちの
ロマンを掻き立てる対象だったようですね。

YPS_3304

勉強になりました。

さて、次は螢がいちばん来たがっていた、
「おな石」に到着です。

YPS_3308

「おな石入り口」から山に入っていきます。

YPS_3311

想像していたより本格的な山です。
歩く靴で来ていなかった妻はこの辺りで離脱。

YPS_3313

息子と山頂まで上がりました。
すると螢が「こわい!」と言い出し、
石に近づこうとしません。

YPS_3319

遠くに太平洋が見えます。
遠巻きに立つ螢。

YPS_3328

「ほんとうのおばあさんみたい!」
「もう来ない!」

なんだよ…

このままホテルへ行ってもよかったのですが、
少し時間があったので妻の希望で
閼伽井嶽(あかいだけ)薬師というところへ足を延ばしました。

いわき駅の裏手から山道を車で走ること20分ほど、
この山奥によくこれだけのものを築いたものだ、という
立派なお寺が現れました。

YPS_3334

お堂も立派です。

YPS_3329

多宝塔もあります。

YPS_3330

妻は御朱印をもらい、螢はおみくじを引いていました。

YPS_3332

泊ったのは螢が1歳の時にも泊まった「かんぽの宿いわき」です。

YPS_3339

螢は覚えていなかったですが、
オーシャンビューや大きな浴場にあらためて喜んでいました。

2日目。

晴れました。

白い建物がかんぽの宿です。

YPS_3356

すぐそばの海岸へやってきました。
写真を撮ったり、貝を拾ったり。

YPS_3359

その後、小名浜へ移動し、こちらも数年ぶりにアクアマリンふくしまへ。
いろいろリニューアルされていました。

YPS_3370

螢も興奮しながら見ていました。

YPS_3379

いろいろ刺激を受けて、育ってもらいたいです。

YPS_3394

この後、小名浜のイタリアンで昼食を食べ、帰路へ着きました。

次は、新年の話題かな。

つづく

地域は本当に困っているんですか?

※今回は写真は記事の内容と無関係です

前回の記事で紹介した「関係人口セミナー」の、
後半は首都圏からの参加者のみなさんと
天栄村、特に湯本地区の人たちと共同のワークショップでした。

そこでわたしが、参加者のある方から言われた
衝撃的な言葉をご紹介したいと思います。
その言葉によって、わたしの考えが一気に開かれたと同時に、
現在も続く自問自答が始まりました。

DSCN0720

ワークショップでは、参加者がいくつかのグループに分かれ、
①村のいいところ ②村の困っているところ ③自分が村に関わりたいこと
といった3点について、意見を出していきました。

まず「村のいいところ」ですが、
湯本の場合は温泉があったり自然があったり、
住民同士の助け合い、治安のよさ、食料自給など、
たくさん挙がりました。

そして問題だったのは「村の困っているところ」です。
わたしの横に座っていた東京からの参加者の男性が、
「村の人って、何か困っていることあるんですか?」
と言ったのです。

聞いた瞬間、わたしも「この人は何を言ってるんだろう」と
思ったのですが、その方は続けます。
「食べ物は自分で作っている、環境はいい、治安もいい。
それで困っているって、よくわからないんですけど」

それを聞いて、わたしはカミナリに打たれたような衝撃を受けました。

DSCN0726

確かにそうなんですよ。
生きるうえで必要なものはそろっています。
食料、燃料、水はある。
治安はいい。
子育てしやすい。
仕事だって通える範囲でたくさんある。

もちろんわたしも移住してきたとき、
そうした良さに気づいて定住を決めたわけですが、
なんとなく「地域は困っている」と思っていました。

でも実際に暮らしていて困ることってあまりない。
ないどころか、都会に比べたら
泥棒や不審者の心配はないし、
大災害や戦争が起きたって絶対に飢え死にしないし、
子育て・教育環境だって断然優れているし…
はっきり言って、地域は都会に比べてかなり「恵まれてる」のですよ。

DSCN0489

でも、世間的にも「地域は困っている」っていう
イメージですよね。
わたしも「地域を何とかしなきゃ」と思って
ずっといろいろ活動をしてきたわけで…
ただ、冷静に考えると、「何」に困っているか、
ということを深く考えてこなかったのかもしれない。

その男性の発言を聞いて、それに気づいたのです。

もちろん、個人個人はさまざまな悩みを抱えて暮らしています。
ただそれは地域も都会も同じです。

地域特有の問題、と考えると、
車を持っていない人は買い物が不便だったりとか、
一人暮らしのお年寄りは雪かきが大変だったりとか、
そういうことはあります。

でもそれもご近所や親せきの人たちが手助けしたりして、
いまのところなんとかなっています。
今後も、例えばネットを利用できる人が
買い物を手助けするなど、新しい解決策も考えられます。

DSC_0145

ではこの「なんとなく困っている」感覚の正体は何なのか。

よくよく考えていくと、おそらく、
「いまのこの困っていない暮らし、恵まれた暮らしが
人口減少によって失われるかもしれないという不安」
ということに集約できるのではないかと思うようになりました。

農業や治安維持に重要な住民同士の助け合いも、
隣近所がいなくなってはできません。
住民がいなくなれば、公共施設や行政サービスも削減されます。

つまり、「人口減少」こそがこの漠然とした不安感の源であり、
もっとも対策を講じないといけないことなのだと思うのです。

YPS_3040

こう思ったとき、かなり自分の考えが整理できました。

都市に比べて出生率の高い、地域での人口減少は、
国全体の少子化のように自然減で起きるのではなく、
都市への人口流出によって起きています。

この人口流出の原因は、
地域が「恵まれている」にも関わらず起きていることから、
合理的に説明するのが難しく、
地域自体に問題があることよりも、
単に住民の「都会への憧れ」が
原因の大部分を占めていると思われます。

YPS_2273

自分の考え方が他人の意見によって180度変わることなど
滅多にないことを考えれば明らかなように、
他人の趣向、志向を変えることは困難です。

都会志向の地域住民が地域の魅力を再認識して
また村に戻ってくることは、
よほどのことがない限り難しいでしょう。
(身近な知人で震災をきっかけに湯本の良さに目覚めた、
という人はいますけど、やはりとても希な例です)

それよりも大事なことは、
いま地域に暮らしている人たちに感謝し、大事にすることと、
湯本の「恵まれた暮らし」を理解した上で、
住みたいと言ってくれる仲間を作ること。
この2点なのだなと。

YPS_3412

この中でわたしができることというのは、
湯本での「恵まれた日常」をこれまで以上に発信すること。

「仕事、なりわいを創出しないと」とか、
これまで少し自分の能力以上のことを、
できもしないのにやろうとしていたと思います。

少し原点に立ち返って、湯本のふつうの暮らしが
いかに恵まれているかを、自分を媒体として、
地域に暮らしている人たちや、
田舎暮らしに関心を持つ人たちに伝えること。
このあたりに集中していこうかと思いました。

とは言いつつ、
ほかにもこまごまとしたアイデアはあるんですけどね。
やれる範囲で、コツコツと進めたいと思います。

つづく

「関係人口」セミナー

昨年の、しかも秋の話になってしまって恐縮です。
11月22日から23日にかけて、
村主催の一風変わったツアーが開催され、
そこでお話しする機会をいただきました。

「関係人口ツアー」というものです。

scanned126

1日目の22日は「関係人口セミナー」でした。
「関係人口」という概念を提唱している一人、
田中輝美先生の講演と、湯本での取り組みの発表、
その後、首都圏からの参加者のみなさんと
ワークショップ形式の勉強会でした。

「関係人口」という言葉は少し前から知っていましたが、
どういうものかということまでは知りませんでした。

まずは田中先生の講演で勉強しました。

DSCN0662

まさにわたしです。
団地ではなかったですが、ベッドタウン育ち。
父は大阪、母は東京。
田舎とのつながりはほとんどありませんでした。

DSCN0661

これも納得です。
地域では否が応でも「個人」が埋没せずに表出します。
自分のしたことの反響がすぐについてくる。
よくも悪くもですが。

この2枚のスライドを見てふと思ったのですが、
現在のSNSブームで指摘される「承認欲求」の盛り上がりが、
実はこの辺りに根源があるのではないかと。

わが子が地域で育つようすを見ていると、
実の親はどうしても叱ったりすることが多くなりますが、
近所の大人やお年寄りからは、
注意を受けることもありますが、
褒められることが圧倒的に多いんですよね。

おそらく数十年前の社会では、
子どもはこうやってご近所や、同居の祖父母から
たくさん褒められながら育ったのだと思うのです。
そうすることで、叱られることと褒められることの
バランスが取れていたのではないでしょうか。

いっぽう現代は核家族の時代です。
満たされない承認欲求の発露が、
SNSブームを支えているのではないでしょうか。

そして、地域にはまだ生きた人間関係が残っています。
SNSにハマる若者ほど、地域で何か活動することを通じて
感化されることが多いのではないでしょうか。

ある意味「自分に欠けた部分を満たす」という
自己満足や自己実現的な、利己的な行動のようなものなので、
地域からは「なんでそんなものに付き合わなきゃならないんだ」
という意見もありそうです。

しかし、若者の自己実現のエネルギーを
地域課題解決に「利用」できると考えたら、
メリットに換えることができるかもしれない。

DSCN0660

無意識的とはいえ「承認欲求を満たしたい」という
利己的な動機だったとしても、
「地域の役に立ちたい」という思いを
無駄にするのはもったいないですよね。

そして若者の中で地域への関心が高まっていても、
なかなかどう関わっていけばよいのかわからない。

DSCN0664

少し前までは観光客として「交流」するか、
「移住」するかの二者択一だったので、
もっと地域と積極的に「関係」できる概念を作ろう、
というのが「関係人口」なのだそうです。

DSCN0665

地域としても、交流人口を増やすためのツアーを開催すると、
どうしても「おもてなし」に尽くしてしまいがちです。
それが一過性だとすると、地域の持続性にはあまり貢献しないうえに、
そのうちにおもてなし疲れしてしまいます。

それが極端な話、関係人口の人たちに
交流人口や移住定住を促進するためにどうしたらいいか
一緒に考え、行動してもらうことだって、
やりようによっては可能なわけです。

DSCN0667

このツアーを終えた後、
地域の同世代の人たちとやっている「湯本塾」でも、
この関係人口を取り込んでいこうという方針が出てきて、
みなの士気が高まっています。

そして湯本塾で議論していく中で、
関係人口の概念と企業のCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会貢献)
との相性がよいということがわかってきました。

地域で何か活動するときには、
どうしてもマンパワーと財源が問題になってきますが、
それを乗り越えることが、関係人口とCSRで
可能になるのではないかと感じています。

DSCN0668

わたしも10年前はよそ者だったんですが…
これからは新たなよそ者の力を募って、
持続可能な地域づくりに貢献していきたいと思っています。

ところでこの後のワークショップを通じて
個人的にはとても大きいと感じた「気づき」があったのですが、
長くなったので次回の記事にしたいと思います。

つづく


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今シーズンのスキー
  • 今シーズンのスキー
  • 今シーズンのスキー
  • 昨年度の講師いろいろ
  • 昨年度の講師いろいろ
  • 昨年度の講師いろいろ
でど物 on Twitter
月別アーカイブ
でどやま内検索
  • ライブドアブログ