天栄・湯本 でどやま物語

これは都会しか知らない若者(だった)著者が、研究で訪れた山村での暮らしに感化されて、地域活性化に取り組み右往左往する物語です・・・

Author:星 昇(ほししょう) 旧姓富田。

博物館学芸員、フリーカメラマンを経て
2009年に大学の研究員として福島県天栄村湯本に移住。
震災直後の2011年5月には地元の女性と結婚し、
「星昇」というベタなアイドルのような名前になる。
現在切り花用リンドウ農家をするかたわら、
地元密着型の写真館や地域活性化のNPOの運営に携わっています。

専門は植物分類学。里山の歴史と資源利用。ネコノメソウ命。

それでは、はじまりはじまり・・・

クラフトビールには在来種のホップを

長らく日本ではピルスナー以外のビールが普及することはなかったですが、
「地ビール」が「クラフトビール」と呼ばれるようになって、
一気に市民権を得てきた感があります。

わたしは(約)20年前からベルギーのクラフトビールを愛飲してきましたが、
ハーブやスパイスを使ったものはもちろんですが、
麦とホップだけで作ったものの中にも、
なぜあんなにも多様な味と香りのものが作れるのだろうと
感心したものです。

そして湯本に移住してきたら、秋になるとこいつが目につきます。
カラハナソウ(クワ科)です。

YPS_0602

見ての通りホップの仲間です。
というよりホップと同じ種の変種です。
ホップは和名をセイヨウカラハナソウと呼びます。

「国産ホップ使用」というのはよく聞きますが、
それはあくまでセイヨウカラハナソウを国内で育てているだけ。

このカラハナソウを用いた「在来種ホップ使用」のビールを飲んでみたくないですか?
もうあるのか?それすらよくわからないのですが。

全国のクラフトビールメーカーのみなさん、
在来種ホップの需要があれば湯本で栽培します!
連絡ください!!

つづく

湯本じゃまな木切っ会も文化祭に出展します

この夏、新たな会員候補の方が見学に来て、
にわかに活気づきそうな湯本じゃまな木切っ会。

とはいえメンバーは少ないので、ほそぼそと活動しております。

YPS_0625

じゃまな木切っ会も11/11の湯本文化祭に出展します。
去年に引き続き、薪を使ったピザ窯でのミニピザ作り体験。

去年も大好評だったので、ぜひご利用ください。

つづく

今年も五ツ星やります

今年の湯本文化祭(11/11)にも、バンド五ツ星が出演します。

メンバーもみな忙しい年代でなかなか集まれませんが・・・
とくにベースは一時的に県外へ引っ越しており、
昨年に続いて今年も参加できず。

そこでここ数年、ミュージックシーケンサーが活躍しております。

シーケンサーとは、楽器・楽譜データを入力(打ち込み)して、
自動演奏する装置です。

これまではパーカッションや弦楽器など、
バンドでは演奏できない楽器をこのシーケンサーで演奏させ、
それに合わせてバンドが生楽器を演奏するというやり方でしたが、
年々シーケンサーの割合が増えてきております・・・

このシーケンサー、私が中学生時代に買ったヤマハのQY-300という機械を
だましだまし使っていたのですが、
2DDのフロッピーディスクの入手が難しくなってきたリ、
いつ故障するかわからない不安があり、
今年からパソコン上で動くシーケンサーソフトを使うようにしました。

25年の進歩というのはなかなかついていくのが難しいですが・・・
わたしが使う機能はそれほど高度なものではないので、
3日ほど格闘していたら、バンドで使用するデータを作るくらいのことは
できるようになりました。

しかもQY-300のころの1/3くらいの時間で作業が終わります。

画面がごちゃごちゃしているのがなんとかならんものかと思いますが、
このデータを文字で一覧する表示モードはQY-300から親しんでおり、
妙な安心感があります。

a

自分もだんだんと古いタイプの人間になっていっているようです。

ともあれ、文化祭での五ツ星をお楽しみに。

つづく

9月に入ってカブトムシ

毎年7月くらいから、共同浴場へ行く道の水銀灯の下に、
クワガタやカブトムシが落ちているのですが、
今年はほとんど見つかりませんでした。

ところが9月に入ってから、アカアシクワガタの♂と
カブトムシの♂をゲット。

YP3_1345

例年にはないことです。

YP3_1351

今年は8月に拾ったノコギリクワガタの♂と合わせた3匹を飼いました。
ミヤマクワガタが捕まらなかったのが、やはり例年と違います。

今年の夏はいろいろ変でしたね。
冬はどうなることやら。

つづく

赤べこ公園とか戊辰150年とか

10月から外出できる日がなくなりそうだったので、
9月はあちこち行ってきました。

DSCN0787

鏡石町の田んぼアートです。
今年はうさぎとかめ。

DSCN0788

会津にも出かけてきました。

YP3_1286

最近話題の赤べこ公園。

YP3_1262

なんだこれは。

YP3_1252

なぜこういう設計になったのだろう。
これでは滑った人はもれなく

YP3_1264

どう考えても排泄物。

YP3_1270

ベンチにしては小さすぎるが・・・

YP3_1282

維新150年ではなく戊辰150年で盛り上がる鶴ヶ城。

YP3_1289

昔の市を模した出店もあって、人だらけでした。

YP3_1296

そのまま県立博物館へ。

YP3_1328

こちらも戊辰150年。

YP3_1317

官軍による攻撃の大規模修繕が行なわれていました。

YP3_1310

螢はパンフレットを手にまじめに見学していました。

YP3_1312

いろいろ興味持って育ってな。

つづく

車のへこみなおしとヘッドライト磨き

別に風とか吹いていたわけではないのに、
車庫に立てかけてあった脚立がファミリアに激突し、
凹んでしまいました。

みっともないので直します。

まず耐水サンドペーパーで塗装をはがします。

YPS_0385

そこに車用のパテを盛ります。

YPS_0388

10分ほどで硬化するので、これまた耐水サンドで表面を平らにします。

YPS_0389

次は塗装。
マスキングしてサーフェイサー。

YPS_0391

固まったらサンドをかけ、塗装。

塗料、ぼかし剤、塗料、ぼかし剤と重ね塗りし、
クリア、ぼかし剤、クリア、ぼかし剤で光沢を出します。

YPS_0401

塗装が終わってよく見ると、塗装したところの周辺が
思ったよりざらついています。

YPS_0403

うっかりしていて、塗料の前にぼかし剤をかけておくのを忘れていました・・・
まあコンパウンド研磨でなんとかするしかないですね。

そのあとは、くすんできたヘッドライトを磨きます。

YPS_0407

3種類くらいの耐水サンドで、だんだん細かく磨いていきます。

YPS_0412

最後にガラスコーティング剤を塗布して終了。

YPS_0416

このコーティング剤、安かったですがほぼ2年もちましたね。

YPS_0419

これでだいたいきれいになりました。
今年中には違う車に変わる予定なのですけど・・・

つづく

湯田組が読売新聞で取り上げられました

夏に読売新聞の記者さんが来て、
湯田組の取り組みを取材していってくださいました。

けっこう大きな記事にしていただきました。


180827_読売新聞_original

NPOの取材ということだったのですが、
NPOでは現在、地熱ハウスと智恵子邸の指定管理にほぼ専念しており、
あまり書くことがなかったのでしょうか・・・
私の個人的な身の上話が大半になっています。

新聞記者さんの文章力というのはすごいもので、
あたかも私が地域に溶け込んで、
何もかもうまく行っているような書きっぷりですが、
実際には低収入・高BMIのさえないおじさんです。

つづく

ラー油作ったりしていました

近況報告です。

10月から新しい仕事を始めました。
週2日の郵便配達です。

ALSOKや水道の検針も継続中です。
ただしこれらのせいで湯本地区から出られない日が増え、
NPOの事務手続きや村文化財審議委員の仕事などに
少し支障が出てきています。
出張も家族との外出も基本的にはできないです。
ちょっと安請け合いだったか・・・

10月上旬は天気もよく、連日稲刈りでした。
配達と稲刈りを続けてやっていたら、朝起きたときに足が攣りました。

地域活性化で生活費をもらえるような組織づくり、
仕組みづくりができていればよかったのですが、
NPOの事務はボランティアですし、農業も失敗でしたし、
結局どこかに勤めないと生活ができません。

そうすると当然地域づくりに割く時間も体力も減るわけで、
焦燥感がつのります。

幸いにも村役場の湯本支所で「湯本塾」という
地域づくり活動が立ち上がったので、
そちらに任せておける部分があるのはよかったです。

個人的に「もっとこういうのがあるといいな」と思う部分を
時間を見つけて湯田組や湯本じゃまな木切っ会、湯本写真館、
バンド五ツ星でやっていければよいのですよね。

配達の仕事も慣れてくればもう少し心のゆとりが出るのでしょうが。
しばらくは低空飛行が続きそうです。

警備の仕事が以前のように二人体制に戻れば、
少し余力もできるのですけどね・・・
自営業の人が地域にほとんどいなくなったいま、
なかなかやってくれる人もいないのです。

ラー油が切れたので、ごま油と一味とうがらしで自作しました。

YPS_0088

カプサイシンを摂取して、気合い入れますかね。

つづく

奥羽山脈の南端でアンデスの風を感じる

古民家智恵子邸でフォルクローレコンサートを開催します。
ラパスコンサートチラシ

お近くの方はぜひお越しください!

近況報告は次にでも・・・

つづく

今季2度目のキャンプ

お盆が明けたころ、7月に行って楽しかった
羽鳥湖畔オートキャンプ場にもう一度行ってきました。

しかも行ってびっくり、となりのサイトは知り合い一家でした。

YPS_9910

前回、出発前にお菓子を食べて、ほとんどBBQが食べられなかった螢。
今回は細心の注意を払っていたものの、
キャンプ場に来ていた同世代の子どもたちと仲よくなり、
知らないうちにお菓子を食べてしまった・・・

YPS_9913

ということで、今回もほぼ一人焼肉。

YPS_9915

お盆休み中ということもあり、
キャンプ場はほぼ満員でした。

YPS_9935

寝る前には周囲の子どもたちも一緒に花火大会。

YPS_9946

翌日は湯本で朝7時から散策の案内人の依頼があったので、
朝5時に起床して朝食と撤収の準備。
朝焼けがきれいでした。

YPS_9953

前回美しかった羽鳥湖の湖面は、
渇水のせいで見られませんでしたが、
エゾミソハギの桃色の花が見えました。

YPS_9967

今回も楽しかったのですが、
急に寒くなったこともあり、このあと螢が風邪を引きました。

次回は紅葉のころ、寒さ対策をしてまた行きたいと思います。

つづく
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • クラフトビールには在来種のホップを
  • 湯本じゃまな木切っ会も文化祭に出展します
  • 今年も五ツ星やります
  • 9月に入ってカブトムシ
  • 9月に入ってカブトムシ
  • 赤べこ公園とか戊辰150年とか
でど物 on Twitter
月別アーカイブ
でどやま内検索
  • ライブドアブログ